MENU
枝毛・切れ毛<髪と肌の悩みは?>

髪がパサつく6つの原因と正しい改善方法

原因

①シャンプーやブラッシングのやり過ぎ

頭皮に爪を立ててゴシゴシこすったり間違ったシャンプーによって頭皮が傷んでしまします。
また、ブラッシングする場合は絡まった髪をブラシで無理にほどこうとすると余計な負担がかかり、髪を傷めるだけでなく枝毛や切れ毛につながります。

②紫外線の影響

髪は紫外線の影響を受けて乾燥するとキューティクルが開き最終的には剥がれてしいます。
それが髪のぱさつきにつながっていきます。
頭皮が乾燥し水分が不足することで皮脂が増え毛穴のつまりの原因にもなります。

③パーマやカラーは傷みの少ない方法で

パーマやカラーは刺激の強い化学薬品によって髪の内部を破壊してしまうため、やり過ぎるとキューティクルが剥がれてしまいます。
そこにスタイリング剤などが入り込むとひどいダメージを受けてしまいます。

③間違った髪の乾かし方

キューティクルというのは髪が濡れていると開く性質があり、傷みやすい状態なので シャンプー後の自然乾燥はNGです。
きちんとドライヤーで乾かしましょう。

⑤栄養不足の影響

過度なダイエットやバランスの悪い食生活を続けていると、髪に必要な栄養が摂取できすに髪を傷めることになります。

⑥女性ホルモンの低下

ストレス、更年期などの影響で女性ホルモンが低下しバランスが崩れると、全身の血行が悪くなり髪の毛が徐々に細くなると同時に傷みパサつきの原因になります。

改善

空気が乾燥してくると髪も頭皮も潤いを失いがちになってしまいます。
髪の毛のパサつきが気になることや、乾燥しすぎてスタイリングがうまくいかないなど、女性として気になることが多いでしょう。
頭皮が乾燥すると痒みがでたりフケが多くなるなどのトラブルも発生します。その為、体の内側から潤いを補給し髪と頭皮の潤いを保つことが必須となります。

内側からのケア

水分を髪に補給するには体の内側からのアプローチも欠かせません。
健康で美しい髪を作るためには、バランスの良い食事をすることがとても大切です。

美髪へ導く大切な栄養素

①タンパク質
実は毛髪成分の殆どはケラチンというたんぱく質から成り立っています。
ケラチンに含まれるケチ尾人は髪のパサつきには効果的です。
しかしメチオニンは体内せ生成できないため食事からケラチン摂取が必要となります。
②ビタミンB6
ビタミンB6はたんぱく質お代謝び欠かせないサポートをしてくれます。
食事からとったたんぱく質をアミノ酸に分解したりアミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの人体のたんぱく質作りを手助けします。
簡単にこの栄養素を摂るにはナッツ類がおススメです。

美髪へ導く大切な栄養素

①タンパク質
実は毛髪成分の殆どはケラチンというたんぱく質から成り立っています。
ケラチンに含まれるメチオニンは髪のパサつきには効果的です。
しかしメチオニンは体内で生成できないため食事からケラチン摂取が必要になります。

②ビタミンB6
ビタミンB6はたんぱく質の代謝に欠かせないサポートをしてくれます。
食事からとったたんぱく質をアミノ酸に分解したりアミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの人体のたんぱく質作りを手助けします。
簡単にこの栄養素を摂るにはナッツ類がおススメです。

外側からのケア

頭皮の潤いが必須
潤いのある髪は12~14%の水分を含んでいると言われています。
しかし髪が乾燥状態になってしまうと6~8%と水分量は低下して、必要な量の半分になってしまいます。
頭皮が乾燥すると同時に髪も乾燥するので、頭皮が潤った状態にあるのが大切です。

髪のパサつき修復にヘッドスパは効果絶大です!

パサつきが進行した髪のダメージ回復にはヘッドスパが一番効果的です。
パサつきのケアには髪と頭皮の潤いを戻すことと栄養が十分にいきわたるように頭皮に血行促進をすることが必要です。
ヘッドスパではクレンジング、クリームをたっぷりとつかって頭皮のマッサージ、毛穴の洗浄などをします。
また、頭痛、肩こり、体のだるさ抜け毛といった、体の不調の解消にもヘッドスパは最適です。ヘッドスパを定期的に行い日常的にはセルフケアを行うことで乾燥知らずの頭皮へと蘇ります。

まとめ

このように体の内外から適切な水分補給をすることが頭皮と髪だけでなく体全体の健康上向上につながります。頭皮の体の一部。
水分補給をしっかりすることで体のコンディションを改善し、パサつきのない潤いとハリに満ちた髪にできるように頑張りましょう。